年賀状のほんの小さなこだわりです。

昔は新しく友人、知人が出来たりすると、当たり前のように住所を聞きあって年賀状を出し合いました。

顔を合わせていてもなかなか会えない人でも新年のあいさつとして当たり前のマナーだっと思いますが、最近は新しく知り合ったとして、それがたとえ結構、仲が良くなっても住所を聞きあうことなど全くといっていいほどなくなり、変わりに新年のあいさつはメールやラインで簡単に済ませることが当たり前になってしまいました。

そのため、年賀状を書く枚数は年々減って、それでも30枚くらい書いています。年賀状ソフト 人気を使い写真を入れたり、イラストを入れたり工夫していますよ。いろいろな事情があると思うので仕方ないことかもしれませんが、年賀状が届いた時に裏も表も全部印刷されただけで一文字も直筆の文字が無かった時には正直、がっかりしてしまいます。たった一言だけでも何か直筆の文字があるだけで印象は変わります。温かさを感じます。そのため、私は必ず一言は直筆で書くようにしています。ほんの小さなこだわりです。