無線LANのリスクについて

私は、今戸建てに住んでいるのですが、j-comの無線LANをつけていたら、近所を巡回しているハッカー車やバイクの部隊が、勝手に私のパソコンやスマホと、近所の家や県外、国外のスマホやパソコンとリンクしていくので、大変困っています。

これは、J-comの無線LANだけでなく、以前使用していたソネットの無線LANでも同じ被害に遭っていました。

最初は、「コンピューターウィルスに感染したのかな?」と思っていたのですが、自分だけでなく、大勢の人も私と同じような被害に遭っている事を確認してからは、無線LANへの侵入ハッキングだと断定する事ができました。

コンピューターウィルスの場合には、誰が作成したウィルスなのか?といった事を捜査されて、犯人が特定されてしまうようですが、無線LANへの侵入のハッキングの場合には、車やバイクで移動していたら、犯人を特定するのが非常に難しいようです。

車やバイクなどの車両で移動しているハッカー部隊の追跡は、ナンバープレートをNシステムで追跡すればよさそうですが、ハッカー部隊の車やバイクは、ナンバープレートも変えていきながら逃走するので、非常にたちが悪いのです。

防犯カメラの精度を挙げて、移動車両のハッカー部隊が変装したり、ナンバープレートを替えても追跡できるようにできると解決していけると思いました。

最近だとワイマックスなどのホームルーター 工事不要があるのですがあれのセキュリティは強いのでしょうか・・・。

少なくても、家のルーターのアップデート忘れからのハッキングは少ない気がします。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です