お腹の毛が毛深い

自分は昔からかなり毛深いです。腕やすね毛も毛深いのですが、全身の中で何故かお腹の毛が一番毛深いです。学生の頃はそこまで毛深くなかったのですが、高校を卒業した辺りから何故かお腹の毛だけ段々と毛深くなっていきました。

それでも最初のうちはそこまで気にしていなかったのですが、ある日、友人達と海に行った時に「お前腹の毛濃くない?」と言われたのをきっかけに気になるようになりました。それから自分なりに毛の処理をしようと考え、最初のうちは鼻毛切り用のハサミで、こまめに切っていました。ですがやってみれば分かるのですが、ハサミで切るというのは根気のいる作業です。なので私も5回位の処置をした後に諦め、今度は髭剃り用のカミソリで処置を試みました。確かにハサミと比べればよく剃れるし綺麗になるのですが、ハサミと違ってカミソリ負けによる傷が結構、できるようになりました。そのため毛は無くなってもお腹の至る所に小さい傷がでできるようになり、これもこれで、人に見られるとちょっと恥ずかしい状態になりました。また他にも、剃った後に生えてくる毛は剃る前よりも固くなり、剛毛になるのも問題点です。

これではダメだと思い、現在は「脱毛」を考えています。ネットで調べると手頃なお値段で利用できるみたいなので、もう少し調べて利用してみたいと思います。

こういう自宅脱毛も候補の一つです
脱毛自宅メンズ※僕的におすすめの簡単脱毛方法ベスト3を全力で紹介するぜ!

インコを飼っていたことがあります。

子どものころ、インコを買っていました。インコはたまごを産みましたが、私たち姉妹があまりにも巣を覗いたために、ヒナを踏みつけてしまい、生まれたヒナは足がしたではなく、身体の真横についてしまうという、障害を持ってしまいました。それでも一生けん命にお腹をひずずりながら歩く二羽の姿が可愛くて、私たち姉妹は大切に育てていたつもりでした。子どもの大切というのは、時には残酷なもので、当時小学生だった妹は、そのうちの一匹を、抱いて高いところの物を取ろうとして、下にヒナを落としてしまい、死んでしまいました。その後、もう一匹も、妹が可愛さのあまり、自分の布団の中に入れて眠っているうちに、つぶしてしまいました。その後、私たち家族は二度と、ペットを飼うのをやめました。