毛深くてストッキングをはけない

毛深いことが学生の頃からの悩みでした。特に膝下の毛深さは嫌になるくらいで、学生の頃は膝上まである靴下で隠していました。

けれど就職活動をはじめると誤魔化しができなくなりました。女性は就職活動の時は、リクルートスーツにベージュのストッキングが一般的です。普段剛毛を誤魔化すために、はいている黒いタイツや靴下では就職活動に影響がでると考え、周りと同じようにベージュのストッキングをはくようにしました。けれど、かなりの剛毛のため、ストッキングからはみでてきます。

毎日、風呂でカミソリを使い自己処理していましたが毛は毎日伸びているようで気が付くとストッキングから黒い毛の頭がはみでてました。その後、剛毛と格闘しつつ就職が無事決まったので、ベージュのストッキングをはくことをやめました。

就職した会社がストッキングにこだわりがなかったのも幸いしました。いまでも人に見られるのが恥ずかしいので、ベージュのストッキングは、はいていません。どうしても必要があるときだけはいています。

けれど、膝下の剛毛はいつかはなんとかしたい問題です。自己処理では、肌荒れや埋没毛など限界があると、就職活動中に感じていたので脱毛を考えていますが、費用が高額なので貯金が貯まるまでは、あと数年はストッキングをはかずに頑張ろうと思います。

もし私みたいなことで悩んでいるならこういうサイトで脱毛サロンを探すとよいかもしれないです。
http://xn--0vq57e9cz60by0tli3a.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です